お役立ち情報

アンケートの収集方法まとめ。各方法のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

業務内でアンケートを取らなければならない場面はありませんでしょうか。

アンケートには、直接ヒアリングを行ったり、アンケート用紙を配って回収したりと、様々な方法が考えられます。

このページでは、アンケートの収集方法とそのメリット・デメリットを解説します。

手作りのアンケート用紙

一番誰でもできるアンケートの収集方法です。

ワードやエクセルなど、文章作成ツールを利用してアンケート用紙を作成し、その用紙を対象者に配り、回答してもらいます。

回答用紙を回収した後は、1つ1つ手作業で集計する必要があり、集計結果を分析するにはエクセル等へ入力する必要もあります。

メリット

  • 誰でも簡単にアンケートが行える
  • 記述式、選択式など、自由なアンケート項目の設計ができる

デメリット

  • アンケート用紙を1から作成する必要がある
  • 記述式が多いと得られる回答数が少なくなる可能性がある
  • 集計作業がすべて手作業となる
  • 集計作業の後、分析するためにエクセル等にまとめ直す必要がある

マークシート形式のアンケート

マークシートを利用したアンケートの収集方法です。

選択式の設問を設定して、その設問用紙と回答用紙を対象者へ配布し、マークシートへ回答をしてもらいます。

回答用紙を回収した後は、回答用紙を読み取り、ソフトウエアを利用して集計や分析を行います。

メリット

  • 回答が選択式となるため対象者がアンケートに参加しやすい
  • 設問用紙は回収する必要がない
  • 回答用紙に設問が記載されないため、回答者のプライバシーが守られる
  • アンケートの結果の集計が自動でできる
  • 集計後の分析が容易

デメリット

  • 読み取り機、マークシート用紙、ソフトウエアが必要
  • 記述式にできないため設問を工夫する必要がある

WEBアンケート

WEB上でアンケートに答えてもらう方法です。

オンライン上で設問を設定し、回答専用のURLを発行し、回答者へメール等で配布し、オンライン上で回答してもらいます。

回答結果は、オンライン上でデータとして回収することができ、エクセル等へダウンロードできるサービスもあります。

メリット

  • 設問用紙や解答用紙を準備する必要がない
  • サービスによるが設問は記述式・選択式など選ぶことができる
  • 収集したアンケートの結果が簡単にデータ化できる

デメリット

  • アンケートを行うURLを発行する必要がある
  • 無料でできる範囲が限られ、有料の場合は月額などの費用がかかる
  • 各社のサービスによって使い勝手が大きく異なる
  • パソコンやスマートフォンに不慣れな人が回答に参加できない
  • オンライン上で行うため、セキュリティーの問題が発生する

対面形式のアンケート

回答者に直接会ってアンケートを行う方法です。

あらかじめ聞きたい内容をメモしたり、回答用紙を用意することで、直接質問しながらアンケートを行います。

メリット

  • 会話の中でアンケートを行うことができる
  • 用意している設問以外の深い内容を聞き出すことができる

デメリット

  • アンケート回答の数を得るために膨大な時間がかかる
  • 直接会う約束を取らなければアンケートが実施できない

電話でのアンケート

回答者に電話をかけてアンケートに答えてもらう方法です。

対面と同じように、あらかじめ聞きたい内容をメモしたり、回答用紙を用意することで、電話で質問しながらアンケートを行います。

メリット

  • 会話の中でアンケートを行うことができる
  • 設問以外の深い内容を聞き出すことができる

デメリット

  • アンケート回答の数を得るために膨大な時間がかかる
  • 電話口のため一方的に断られてしまう可能性がある

まとめ

いかがでしたでしょうか。アンケートを実施する方法は主に上記の5つが考えられます。

アンケートの特性や回答者の年齢層、予算や回数など、実施する方によってそれぞれの良い点・悪い点があるかと思います。

アンケート実施の際の参考にしていただければ嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初期投資不要のマークシートシステム「Checkmates」

マークシートの導入には、読み取り機やソフトウェアなど、たくさんの投資が必要だと思ってはいませんか?
用紙を購入するだけで簡単導入ができるマークシートシステムがここに。

【Checkmatesの特長】
・採点・集計業務を簡単デジタル化
・初期費用は用紙代だけ。既存スキャナ使用、ソフトはフリー
・どこでもできる採点・集計の作業

詳しくは、カタログをダウンロードするか直接お問い合わせください。

カタログダウンロード