お役立ち情報

マークシートで効率アップできる業務まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マークシートは、解答が選択式になり、解答者にとってのメリットがあるだけではありません。

マークシートを導入することで効率アップが望めるため、いろいろな場面で導入の検討がされています。

このページでは、マークシートでどのような業務が効率アップできるのかまとめました。

マークシートでなぜ効率アップできるのか

マークシートの特長は、採点や集計が自動で行えることが挙げられます。

記述式や手動での採点や集計の場合、手作業で1枚1枚の解答用紙を見返す必要があります。

また、統計を取る場合もそれぞれの解答を項目別にまとめたり、分析するために細かな作業が必要となります。

マークシートの場合、採点や集計が自動でできるほかに、ほとんどのメーカーが集計データをエクセル形式で出力できるため、分析も簡単に行うことができます。

また、採点や集計をするために人員を増やすことの必要性もなく、採点や集計ミスをなくすためのダブルチェックも不要になります。

マークシートで効率アップできる業務

上記で解説したように、マークシートを採用することでおおまかに

  1. 採点・集計時間の短縮
  2. テスト・アンケート結果の分析
  3. 分析からフィードバックの効率化
  4. 採点・集計に関する人件費削減
  5. 採点・集計ミスの対策

の5つの業務の効率化が実現できます。

採点・集計時間の短縮

大人数が実施するテスト・試験やアンケートの採点や集計には、たくさんの時間が費やされます。

マークシートではなく、記述式の解答の場合、少なくとも解答用紙1枚あたり、5分10分という時間を使ってはいないでしょうか。

マークシートであれば、専用の読み取り機やスキャナに解答用紙をセットするだけで自動で読み取りを行い、専用のソフトが採点・集計を行うため、大きな業務効率化を実現できます。

テスト・アンケート結果の分析

テストやアンケートの採点・集計をしてもそれで終わりとはいかないかと思います。

テストやアンケートで重要なのは、その後の分析を行い、分析結果からどのようにフィードバックをするのか、どのような結論が導かれるのかです。

手作業での採点や集計の場合、それぞれの解答を分類わけしながらデータ化する作業も必要となります。

マークシートであれば、ソフトにもよりますが、エクセル等の分析が容易にできる形式でのデータ化ができ、そのデータを利用することでいろいろな分析が可能になります。

分析からフィードバックの効率化

データ化して分析できるマークシートですが、データ化が簡単にできることで、よりフィードバックのための時間をとることができます。

また、フィードバックをしながら分析データを並べ替えるなどして、いつまでも使えるデータとなるのではないでしょうか。

採点・集計に関する人件費削減

採点・集計を手作業で行う場合、人の力が必要になるため、少なからず人件費が発生してしまいます。

マークシートであれば、読み取り機や複合機・スキャナーが採点・集計を行い、ソフトウエアがデータ化してくれるため、無駄な人件費をかける必要がなくなります。

採点・集計ミスの対策

採点・集計を手作業で行う場合、少なからず採点ミス・集計ミスが発生してしまいます。

そのため、多くの場合、ダブルチェックなどを行い、採点ミス・集計ミスが少なくなるようにしているのではないでしょうか。

マークシートであれば、機械が一定の基準を持って採点・集計を行うため、採点ミスや集計ミスが発生する可能性が少なくなります。

採点ミス・集計ミスを考えなくても良くなるのがマークシートの特長でもあるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マークシートを導入することでたくさんの業務が効率化できます。

人員が足りない現場や、人件費が高騰している現場など、一度、業務がマークシート化ができないか考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初期投資不要のマークシートシステム「Checkmates」

マークシートの導入には、読み取り機やソフトウェアなど、たくさんの投資が必要だと思ってはいませんか?
用紙を購入するだけで簡単導入ができるマークシートシステムがここに。

【Checkmatesの特長】
・採点・集計業務を簡単デジタル化
・初期費用は用紙代だけ。既存スキャナ使用、ソフトはフリー
・どこでもできる採点・集計の作業

詳しくは、カタログをダウンロードするか直接お問い合わせください。

カタログダウンロード